2016年8月11日木曜日

Linux に慣れてきたと感じる方たちに贈りたい心構え

さて、夏ですね。

春にはブログ界隈も「新入社員に伝えたい〜」とかそんなタイトルでたくさんのエントリが書かれていたものです。
しかしながら、現実的なことを考えてみますと、人間というのは馬鹿なんです。春にそんなこと言われても、実際に新入社員が春にやることと言えば、分厚い仕様書をドンと渡されて「把握しておいて」くらいのものです。
実務的にオペレーションをしたりするのはこの時期くらいからなんではないか、と思うわけです。何でああいう記事を春に書くんですかね。まあ、それはいいや。

タイトルの通りなんですが、そろそろ UNIX や Linux を使いはじめたぞ、という方たちが心がけるとよいのではないかと思うポイントについて、自分の考えをまとめてみました。

「なぜ?」なのかを考える

SI-er とかになって、オレってば RedHat Enterprise Linux に Oracle の環境を作成して、それを使いこなしてどんどん成長してるぜぇ。って感じのお年頃の方もこの季節多いのではないかと思います。

だがしかしですね。きちんと本質を捉えて今後も同じ業界でやっていくためには「なぜ?」をきちんと考えましょう。たとえばですが、上述みたいな作業をした方は、たいていの場合は手順書に従ったりするわけです。その手順書というのが先人たちの知恵でもあり、自身の成長を遮る壁なのです。

ついうっかり何も考えずに SELinux を disable にしたりしてませんか?たぶん、そんな経験あるでしょう。周囲に聞いても「SELinux はトラブルの元だから」とか言われた、とか並の職場ではそんな感じなんじゃないですかね。
では、なぜトラブルの元が規定の設定になっており、有効化されているのでしょう。そういったところからきちんと「分からない」「なぜ?」を調べていくことが、いつも利用している道具の仕組みを知るチャンスになります。

というのもですね。
いまどき Linux のカーネル(譲歩して Lion's 本で PDP-11 のカーネルとかでもよい)を読破してから、システムを俯瞰的に見れる状態で実務に投入されている人材なんていないし、そんなこと社会人になってからではできないんですよ。
ならば、システムを俯瞰的に見れるようになるにはどうするか、というと、ユーザの視点から「先人たちが作った仕組みであるはずなのに、なぜこのようなことになっているのだろう?」という視点をもつことが大切になってくると思います。上から部分的に謎を解いていき、どんどん謎を埋めていく、という作戦です。

SQL などでも JOIN とか VIEW を使うときも「こうするとできるから使う」ではなくて、 JOIN や VIEW を使うべき理由を考えることが大切です。考えた結果、割とそういったものは必要なかったりしたりして、他のクエリーで代替えすることで無駄な複雑性がなくなり、 KISS な状態でシステムを維持できるようになります。

「なぜ?」を繰り返していればそのうち 0x7C00 までたどり着くのではないでしょうかね。

師が何をしているか理解する

たいていの場合は上司というのは自分よりもよりスキルセットが高いものです。
それを利用しない手はありません。

ターミナルの操作からプログラムの書き方まで、身近な先人が身につけたのもを盗む、というわけです。このとき重要なのは一挙手一投足について「何をしているのか」を理解して師と同期することです。ターミナルでよく分からないカーソルの飛び方や補完が発生したら何をしたのか聞きましょう。聞かなければ自分はいつまでも非効率なままですが、一時の恥を忍べば、これからは思考のバリエーションが増えます。

与力のある場合は「いまこういう操作をしたけど、自分だったらこうするな」みたいなことを考えてみたり、師と仲がよければ提案してみましょう。いつも質問して盗んでいるばかりではなく、恩はきちんと返していくべきです。

人が造りしものを恐れない


近頃はオープンソースのライブラリを使ったシステムなどを構築していたりすることも多いのではないかと思います。そのときによくありがちなのが、エラーメッセージをきちんとみる、というのは実践しているが、そのさきの深みについては避けるといった行動があります。

どんなシステムも人が造ったものです。たいていのシステムはごく一部の「頭の中が理解できねぇな」って人が造ったもので理解できなかったりしますが、たいていのシステムは読み解くことで理解ができます。「これはオレの仕事じゃないから」はやめましょう。積もり積もった後回しで技術や知識がない自分を形成していくというプロセスに陥ります。

もちろん、時と場合を選ばなければなりませんが、大いに深みにハマり、大いに先人たちが作った仕組みに憤りを感じましょう。そして、願わくば先人たちよりもよいものをフィードバックしてオープンなシステムに反映していくのがみなの幸せにつながるのです。

所感

ですます調で書いたらえらく仰々しい文章になった。
しかし、成長したい、という人にはこれくらいしてもらいたいと感じる昨今です。

さて、手元の FreeBSD も 10.2-RELEASE から 10.3-RELEASE に上がったことだし、そろそろ外出するかな。

0 件のコメント: